仏壇を静岡で購入する際の注意点

仏壇はご先祖様との絆を確認するとともに、信仰のよりどころとなるものであり、他のありふれた商品やサービスとは違って、できるだけていねいに選んだほうがよいものといえます。また、製品はどれでも同じということはなく、かなり種類が分かれているほか、地域性なども考慮に入れておく必要があるといえるでしょう。特に、静岡の場合ですと、伝統的な産業として、家具、調度品、雛人形、下駄などといった、木工品全般の技術水準の高さには定評がありました。そのため、いまでも伝統産業のひとつとして、静岡仏壇は需要をのばしており、東京都をはじめとする関東圏でのシェアも割と多くなっています。逆説的ですが、生産が盛んで選択肢が多いほど、実際に選ぶときには迷ってしまいがちなものです。ときには仏具店や菩提寺などと相談しながら選ぶということも必要になるでしょう。

主流となっている静岡仏壇の種類について

静岡の場合には、伝統的には唐木を材料として組み上げたものが多くなっており、種類が多くてもそのバリエーションの範囲ということも考えられます。唐木というのは高級輸入材ですが、木目が美しい模様を描くことから人気があり、加工も比較的しやすいものが多いといえます。そのなかでも、上置きタイプといって、室内にあるタンスなどの家具の上にも置くことができるような、割合に小型のものが主流となっています。最近では洋間のようなところにも安置できるようにした、家具と見分けがつかないような新製品などもあり、選択肢はその点では豊富といえます。ただし、こうした種類というのは、あとに述べるように宗派による考え方とバッティングする可能性もないわけではありません。上置きタイプは値段や見た目からすれば魅力的ではありますが、それだけにとらわれないことも重要です。

宗派による違いは考慮する必要がある

仏教の宗派は地域によって大きく分布の状況が異なっています。この地域では日蓮宗や曹洞宗に属しているという家が多くなっていますので、仏壇のつくり、しつらえについても、やはり宗派の意向にそったものが売れ筋になっているケースが多いとみられます。しかし、たとえば浄土真宗のような宗派の場合であれば、簡素な上置きタイプのものではなく、むしろしっかりとした仏間に大型のものを安置する傾向があります。しかも、唐木ではなく、漆の上に金箔を押した、見た目としても荘厳なものというのが伝統的なあり方といえます。したがって、価格が割安であったり、見た目としてマイホームの洋間やマンションなどにマッチするといった理由だけでは、後々に影響が及ぶ可能性も捨てきれません。もしも不安があれば、地域の仏具店や菩提寺に相談をしておくのもすすめられます。

お仏壇のやまきではさまざまなアフターサービスもご提案いたします。 和型に比べて低い形状が特徴の洋型デザインの墓石もご提供しております。 盆飾りに使用する盆棚、敷布、小物等も豪華なものからシンプルなものまでご提案させていただきます。 関東型のお仏壇は、下地をつくりをすることで、厚く塗り直しより強度も高めました。 仏壇の10年品質保証付きもご案内させていただきます。 仏壇のことなら静岡の「お仏壇のやまき」へ