静岡エリアでおすすめの仏壇の購入方法

仏壇は大きさや材料である木の材質、製造過程による彫刻や金箔押しの手間の違いなどから数十万円から数百万円まで価格の幅があります。静岡エリアには江戸時代から仏具製造の職人が多く在住しており、工場で大量生産された物ではなくプロの職人による品質の高い物を購入するのがおすすめです。生前から終活として希望の形や素材、宗派などを相談しておけばオーダーメイドで職人が手作りしてくれ、後の修復や真鍮の仏具の磨き直しなどアフターケアもしてもらえます。静岡県は島田市の志戸呂焼や、徳川家康の時代から御用窯として繁栄した賤機焼など陶磁器製造も盛んなため、湯呑みや御仏飯入れなどの白陶の仏具も良質な物が入手しやすく、他県に比べて店舗数や職人数などかなり恵まれています。

修復ができる職人のいる店で購入するのがおすすめ

静岡エリアには200店舗以上の仏壇店があり、種類は金箔で飾られた黒塗りや銘木の美しい木目を生かした唐木及び洋間にも似合うモダンな家具調、サイズは重ね型から上置き用など様々な種類が揃っています。駿河地方では江戸時代より仏具製造業が盛んなため、彫刻や彩色だけでなく金箔押しや金具打の修理、蒔絵の復元を行う職人もおり、将来の修復を見越して職人のいる店舗で購入すると万が一のトラブルにも対応してもらえて安心です。仏像や年月による経年劣化で黒ずんだ真鋳の御鈴などをプロが磨くオプションサービスもあります。仏具は真鍮製よりも白陶に金を塗ったタイプが増えており、陶磁器店や陶磁器職人と提携している店なら湯呑みや御仏飯入れなど仏具込みで良質な物を安く購入することができます。

供養方に合わせて購入するのがおすすめ

蝋燭は防災の意味で、火を使うよりもLED電球にする人が増えています。蒔絵も手書きではなくシルクスクリーン印刷が増え、大きな仏壇を部屋に飾るよりは骨壺ペンダントのように新しい形の供養の仕方が好まれる時代です。仏壇店の販売する仏具も世間の価値観に合わせて様々に変化しており、古くからの宗教感や常識にとらわれない個人の供養方に合った物が増えました。お葬式は家族葬や樹木葬が主流になり、子孫不在から永代供養墓や合同墓に入りたがる人が年々増加中です。クレジットカードローンを組んでまで高価な物を購入するよりは、供養する遺族が無理なく拝める物のほうが故人も喜びます。静岡エリアなら豊富な店と職人が良質で適正価格の物を販売しており、白陶の仏具も購入しやすくなっています。